入学から卒業まで

EtoG_02.jpg
画像をクリックで拡大

教養課程

社会人として働くために必要な一般教養(英語、経済、心理学、数学などの文理系にまたがる広い学問)と情報工学の基礎(コンピューターの操作法など)を学びます。

専門課程

高度な情報工学の専門技術を学びます。

研究室配属

学部4年次に9つある研究室(研究室のページ参照)の中から一つを選び、研究室のメンバーとなって最先端の技術研究を行います。研究の成果は卒業論文としてまとめます。

大学院前期課程(修士課程)

学部卒業後に進学すれば、さらに高度な専門技術を習得でき、修士号の学位を取得できます。企業の中でも製品を研究・開発する部門では修士号取得者が優先されますので、進学をお勧めします。
入学料及び授業料の納付が困難と認められる場合には、選考の上、免除・徴収猶予されることがあります。なお奨学金の貸与を希望する者には、選考の上、日本学生支援機構から奨学金が貸与されます。大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、在学中に特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構が認定した場合には、貸与期間終了時に奨学金の全部または一部の返還が免除される制度もあります。

大学院後期課程(博士課程)

さらに高度な専門技術を学ぶことができます。修了すると博士号の学位を取得できます。

就職

学部卒業時に就職したい場合は学部3年次後期から4年次前期、修士課程修了時に就職したい場合は修士課程1年次後期から2年次前期に就職活動を行うことになります。

Tom's TVによる特集
菊島先生.jpg
広林先生.jpg
唐先生.jpg
画像をクリックすると
youtubeの再生ページに移動