学科長の挨拶

唐.png 2016年3月9日から15日かけて、囲碁の歴史的な対局が行われました。アメリカのグーグル社の研究者が開発した、囲碁に特化した人工知能システム「アルファ碁 (AlphaGo)が囲碁の世界トップクラスのプロ棋士である韓国のイ・セドル九段に4勝1敗の成績で見事に勝利しました。本学科では、人工知能「アルファ碁 (AlphaGo)に使われた人間の脳の仕組みをまねた「人工ニューラルネットワーク」、人工知能が自ら学ぶ「ディプラーニング」機械学習、ビッグデータの活用及び次世代型テレビ、シミュレーションによる未来予測、体を傷つけずに生体内を調べる医療技術など、様々な研究を精力的に進めています。
 本学科は、学生の教育においても、日進月歩で技術革新が進む情報工学の中で、変化に対して柔軟に対応できる基礎力と応用力を育む教育を実践しています。ソフトウェアはもちろん、それらが搭載されるハードウェアへの理解も深めています。
 本学科は、「知能」と「情報」を産業や医療に結びつける研究を推進しています。10年先、20年先にこの分野で主役になるような技術者・研究者を育てることを目指しています。

学科長 唐 政

Tom's TVによる特集
菊島先生.jpg
広林先生.jpg
唐先生.jpg
画像をクリックすると
youtubeの再生ページに移動